2012年03月10日

ブニェーロ1(比べます)


Hola!


皆さん、コロンビアという国を知っていますか?

知ってるよ、麻薬の国だろ というのはもう古いかもしれませんよ。
最近、コロンビアで麻薬を見かけることは、まず無いんです。

麻薬ができると言うことは、土地が肥えている証拠だそうです。
だから、畑で作ることのできるモノは 種類が豊富です。

私の頭より大きなアボカドやら、小さなレモンやら
日本では見かけたことのない食べものがいっぱいです。



メデジンという町で、毎朝食べていたものの1つが
(ここは、横浜市位の人口で、1年中GWみたいです)
CIMG0117.jpg
ブニェーロ(沖縄のサーターアンダギーみたいです。)と言うものです。
チーズの入っているのが人気がありましたね。


カリという町では、横長のブニェーロがあります。
(ここも、横浜と同じくらいの人口で、暑いです)
bunelo1k.jpg
カリでは、おやつとして食べるようです。


ボゴタでは、朝ご飯として、よく食べました。
(首都で、東京23区と同じくらいの人口、寒いです)
2005_0815画像0093.jpg
寒い中、ホットチョコレートと食べて、体が温まりましたよ。



ブニェーロを作るところは
http://colombiaviaje.seesaa.net/article/144276393.html


posted by 船ドラ at 00:00| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

ブニェーロ2(作りましょう)


今回は前回の続きです。
読んでいない人はまずこちらをどうぞ↓
http://colombiaviaje.seesaa.net/article/144200369.html


友人の家でのブニェーロ作りの様子です。

bnelo2k.jpg
トウモロコシの粉とチーズ、それに少量の水を混ぜ、
こねて適当な形をつくります。

水を入れすぎないことが大切だそうです。
入れすぎるとまとまらないし、油はねがすごいです。


日本で作る時、私は 水の代わりに牛乳を使いました。しっとりします。
我々が作る時は、もう少し深めのボウルが 使い易いと思います。

bunelo3k.jpg
適当な大きさにしたら、油で揚げます。
メデジンやボゴタで売っているようなまん丸の形のブニェーロには
なかなかなりませんよ^^;


(*^-^)ノ~~ 次回は、メデジンでブニェーロを買います。



posted by 船ドラ at 00:00| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

アレパ



arepa1k.jpg
通りで売っているアレパ(arepa) です。
朝や夕方に、ドラム缶で作った用具で炭火で焼いています。
チーズ入りが2つで1000ペソでした。50円くらいです。



arepa2k.jpg
我が家から通り3つ隔てると、アレパ(arepa) の専門店があります。
専門の調理用具で、やはり炭火焼です。飲食スペースもちゃんとあります。
チーズのみは600ペソ(通りより100ペソ高い)。
鶏肉polloポジョ)入りが1800ペソ[ペソが高いときでも100円]。
ハム(jamonハモン)&チーズ(queso:ケソ)が1000ペソでした。





posted by 船ドラ at 14:45| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。